連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
神戸空港=2020年8月
拡大

神戸空港=2020年8月

神戸空港=2020年8月

神戸空港=2020年8月

 関西エアポートが23日発表した神戸空港の2020年度上半期(4~9月)の旅客数(幼児含む)は、前年同期比75・0%減の42万5507人だった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛で需要が低迷し、航空各社の減便・運休も影響した。

 神戸市が同日公表した従来基準の旅客数(幼児を含まない)も75・0%減の41万6877人。上半期として06年の開港以来、過去最低となった。搭乗率は38・3%だった。

 緊急事態宣言が出された4~5月を底に、航空需要は前年同期に比べて大幅に低迷。5月には全11路線のうち7路線が運休し、運用規制の緩和で1日最大80便に広がった便数も、一時は1日12便まで落ち込んだ。6月以降は徐々に回復基調だが、旅客数は前年同期比3~4割程度で推移している。

 路線別の旅客数は、仙台線が前年同期比68・5%減、羽田線が78・6%減など。運休が続く出雲線は上半期の旅客がゼロだった。

 関西エアが同日発表した9月単月の旅客数は、前年同月比64・6%減の10万6885人。市の従来基準の旅客数も64・6%減の10万4742人、搭乗率は56・6%だった。(横田良平)

2020/10/23
1  2  3  4  5  >

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ