連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
体育館にテントを張り、自然学校の雰囲気を味わう=加古川市尾上町養田、若宮小学校 運動場でピザを作る児童たち=加古川市尾上町養田、若宮小学校
拡大

体育館にテントを張り、自然学校の雰囲気を味わう=加古川市尾上町養田、若宮小学校

運動場でピザを作る児童たち=加古川市尾上町養田、若宮小学校

  • 体育館にテントを張り、自然学校の雰囲気を味わう=加古川市尾上町養田、若宮小学校
  • 運動場でピザを作る児童たち=加古川市尾上町養田、若宮小学校

体育館にテントを張り、自然学校の雰囲気を味わう=加古川市尾上町養田、若宮小学校 運動場でピザを作る児童たち=加古川市尾上町養田、若宮小学校

体育館にテントを張り、自然学校の雰囲気を味わう=加古川市尾上町養田、若宮小学校

運動場でピザを作る児童たち=加古川市尾上町養田、若宮小学校

  • 体育館にテントを張り、自然学校の雰囲気を味わう=加古川市尾上町養田、若宮小学校
  • 運動場でピザを作る児童たち=加古川市尾上町養田、若宮小学校

 新型コロナウイルスによって多くの学校行事が影響を受ける中、兵庫県独特の行事で、小学5年生を対象にした4泊5日の野外活動「自然学校」も、自治体ごとに例年とは違う形での模索が続く。通常は高原などの宿泊施設に多人数で連泊するが、本年度は感染予防の観点から多くの学校が規模を縮小。内容も体育館でテントを張ったり運動場で飯ごう炊さんしたりと、身近で“非日常”を学べる企画を工夫している。(斉藤絵美)

 10月中旬、加古川市立若宮小学校の体育館。集まった同校の全5年生約50人が3人一組となり、県立南但馬自然学校(朝来市)の職員に教わりながら、慣れない手つきでテントを張った。

 同校の自然学校は例年、ハチ高原(養父市)で4泊5日過ごすのが定番だが、本年度は宿泊なしに。テント張りのほかにも地元の高御位(たかみくら)山に登ったり、運動場でピザ作りに挑戦したりした。ピザの生地をナイロン袋に入れてこねるなど、コロナ対策も徹底。キャンプファイアの代わりに、体育館で懐中電灯の明かりを囲む「キャンドルファイヤー」も楽しんだ。

 県教育委員会によると、自然学校は1988年、県の独自施策として始まり、91年に県内の全公立小学校に広がった。ゲームが普及する中、自然と触れ合う機会を増やすのが目的で、全県的な取り組みは全国でも珍しいという。

 しかし本年度は、多数で宿泊すると入浴や就寝時に「密」が起きやすくなるため、県教委が特例として日程の短縮を認めた。その結果、加古川市を含む県内9市町が日帰りに変更。5市町は0泊3日、7市町は0泊2日と宿泊を取りやめた。宿泊を伴う活動を行う学校も、最長で2泊3日(11市町)としている。

 1人用のテントでそれぞれが寝るなど、感染予防にも工夫を凝らす。内容もカヌーや木工クラフトに取り組むなど、可能な限りの自然体験を盛り込む。

 県教委の担当者は「本来の目的である自然の雄大さは体感できないが、普段できないことに取り組む中で、友達と協力し合うことの大切さなどを学んでほしい」と話している。

2020/11/5
1  2  3  4  5  >

天気(1月28日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ