連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
神戸新聞NEXT 神戸新聞NEXT
拡大

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

  • 神戸新聞NEXT
  • 神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT 神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

  • 神戸新聞NEXT
  • 神戸新聞NEXT

 兵庫県は6日、新型コロナウイルスの新規感染者が、過去1週間の1日平均で33・3人になったことを受け、独自の警戒レベル(5段階)を2番目に深刻な「拡大期1」(1日平均30人以上)に引き上げた。「拡大期1」となるのは約2カ月ぶりで、この日も49人の新規感染者が確認された。社会福祉施設などでクラスター(感染者集団)が相次いでおり、県は感染対策の徹底を呼び掛ける。

 県内では10月下旬以降、会社や病院などでクラスターが続発し、感染者が急増。警戒レベルは10月28日、2カ月ぶりに上から3番目の「増加期」に引き上げられた。いったんレベルは下がったが、11月3日に再び引き上げられ、3日後に「拡大期1」に突入。7月29日に初めて「拡大期1」に入った際は、4日後に「拡大期2」(40人以上)になった。

 県の担当者は「前回は家族や職場で急増したが、今回は大部分がクラスター。状況が違い、同じ傾向になるとはいえない」と先が見通せない状況を話す。

 一方、11月6日に各自治体が公表した感染者は10~90代の男女。クラスターが発生した南あわじ市の介護老人保健施設「ケアホーム南淡路」では、新たに職員とショートステイ利用者計6人の感染が分かり、施設関連の感染者は計46人になった。ショートステイ利用者が初めて感染したため、県は入所者以外の利用者や職員の家族らも検査する。

 神戸市は市内の劇場で公演していた劇団員5人の感染を確認し、公表済みの3人を含めてクラスターと認定。芦屋市は50代男性職員、加古川市は20代男性職員の感染をそれぞれ明らかにした。この日の感染者には、西宮市が5日夜に公表した市立浜脇小学校の女子児童2人が含まれる。(まとめ・藤井伸哉)

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

2020/11/6
1  2  3  4  5  >

天気(1月28日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ