連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
県対策本部会議後に記者会見する井戸敏三知事=18日夜、兵庫県庁(撮影・大森 武)
拡大

県対策本部会議後に記者会見する井戸敏三知事=18日夜、兵庫県庁(撮影・大森 武)

県対策本部会議後に記者会見する井戸敏三知事=18日夜、兵庫県庁(撮影・大森 武)

県対策本部会議後に記者会見する井戸敏三知事=18日夜、兵庫県庁(撮影・大森 武)

 新型コロナウイルスの新規感染者が18日、2日連続で100人超となった兵庫県。専門家は換気不足などにより、冬場に患者がさらに増える可能性を指摘。感染者数の高止まりが続けば「医療が逼迫しかねない」とし、コロナ患者だけでなく、救急や一般診療に悪影響を及ぼす危機感をあらわにした。

 「12月前半までに感染者数を横ばいか下降線にもっていきたい。今が分岐点」。医療、行政関係者らでつくる「新型コロナウイルス感染症対策協議会」の会合後、座長の荒川創一・神戸大大学院客員教授が厳しい表情で取材に応じた。

 荒川座長は、コロナの特徴として急激に症状が悪くなることや、高齢者が重症化しやすいことなどを挙げ、宿泊療養施設の運用を含めて「医療者の負担が大きい」と指摘。現状では医療機能の低下はないとした上で、「コロナだけに医療者の時間や医療資源が取られてはいけない。コロナと一般診療を両立させないといけない」と強調した。

 医療崩壊を防ぐ手だてとしては、「ちょっとした気の緩みが感染拡大につながる。常にコロナを意識して行動し、県民一人一人が感染防止をすることに尽きる」と話した。

 県の対策本部会議も開かれ、井戸敏三知事は終了後の会見で、飲酒を伴う懇親会や長時間に及ぶ飲食、マスクなしでの会話をそれぞれ避けることを改めて要請。21日からの3連休は、「交流が増える環境になる。より感染対策に留意してほしい」と呼び掛けた。

 一方、大規模イベントは政府方針と同様、人数制限を来年2月末まで緩和しないとする一方、飲食店への休業要請や営業時間短縮などの社会制限は要請しないことを決めた。(藤井伸哉)

2020/11/18
1  2  3  4  5  >

天気(1月25日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ