連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
新型コロナ対策について説明する井戸敏三兵庫県知事=24日午後、神戸市中央区(撮影・藤井伸哉) 神戸新聞NEXT
拡大

新型コロナ対策について説明する井戸敏三兵庫県知事=24日午後、神戸市中央区(撮影・藤井伸哉)

神戸新聞NEXT

  • 新型コロナ対策について説明する井戸敏三兵庫県知事=24日午後、神戸市中央区(撮影・藤井伸哉)
  • 神戸新聞NEXT

新型コロナ対策について説明する井戸敏三兵庫県知事=24日午後、神戸市中央区(撮影・藤井伸哉) 神戸新聞NEXT

新型コロナ対策について説明する井戸敏三兵庫県知事=24日午後、神戸市中央区(撮影・藤井伸哉)

神戸新聞NEXT

  • 新型コロナ対策について説明する井戸敏三兵庫県知事=24日午後、神戸市中央区(撮影・藤井伸哉)
  • 神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルスの感染者の急増を受け、兵庫県は24日、飲食業界を支援する国の事業「Go To イート」について、新規のプレミアム付き食事券の申し込みを停止したと発表した。東京・大阪など感染拡大地域との不要不急の往来自粛も県民に正式に要請したほか、入院病床の圧迫を避けるため、軽症者も医師の判断で直接、宿泊療養施設を利用できるようにすると明らかにした。

 県内では同日、新たに77人の新規感染者が確認された。過去1週間の新規感染者の1日平均は115・6人。県は20日、県独自の5段階の警戒指標を超える「拡大特別期」に入ったと発表している。

 感染拡大の防止策として、県は「Go To イート」のプレミアム付き食事券の新規申し込みを当面、停止する。第4期は24日からインターネットで受け付けを始める予定だったが取りやめ、同日必着で締め切ったはがきでの申し込みも抽選を停止した。

 これまでに販売した食事券やポイントの利用は可能。原則4人以下単位の飲食に制限し、それ以上の人数のグループでもアクリル板や個室などを使って4人以下に分かれてもらう。

 また、東京・大阪などとの不要不急の往来自粛を県民に求め、高齢者や基礎疾患のある人には不要不急の外出自粛を要請した。

 一方、感染者の急増で入院病床の使用率も上昇。県は現在、コロナ患者を受け入れるため671床を確保しているが、使用率は24日時点で約70%に達した。

 県は、約700室ある宿泊療養施設を200~300室増やし、せきなどが治まっているリスク要因の低い軽症者は当面、入院を経ずに医師の判断で直接、宿泊療養施設を利用できるようにする。

 県の対策本部会議後、会見した井戸敏三知事は「今後も十分、注意していく必要がある」と述べる一方、飲食店などへの時短要請については「一定の地域が感染源になっている様相ではなく、今の時点でとる施策ではない」とした。(紺野大樹)

2020/11/24
1  2  3  4  5  >

天気(1月25日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ