連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

生活情報 東播

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大

国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 兵庫県加古川市教育委員会は25日、市立中学校の50代男性教員が新型コロナウイルスに感染し、26、27日に同校を臨時休校にすると発表した。男性教員は20日まで出勤しており、加古川健康福祉事務所が濃厚接触者を調べている。

 男性教員は23日に別の感染者の濃厚接触者と分かり、PCR検査を受けて25日に陽性と判明。軽症という。

 同事務所管内(加古川、高砂市、稲美、播磨町)では同日、他に5人の感染が判明。加古川市の20代男子大学生、10代男性2人、20代女性、80代女性で、いずれも軽症か無症状。県発表による東播2市2町在住者は計201人になった。(千葉翔大、斉藤正志)

2020/11/26
1  2  >
 

天気(9月25日)

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 26℃
  • 20℃
  • 20%

  • 29℃
  • 20℃
  • 20%

  • 28℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ