連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
伊丹市役所=伊丹市千僧1
拡大

伊丹市役所=伊丹市千僧1

伊丹市役所=伊丹市千僧1

伊丹市役所=伊丹市千僧1

 大阪(伊丹)空港を抱える兵庫県伊丹市が、新型コロナウイルスの影響により厳しい経営状態が続く大手航空会社従業員の一時出向受け入れの検討を始めたことが1日、分かった。航空業界と密接な関係にある地元自治体として、業界で培った経験を生かしてもらい、地域活性化と人材活用の両面で双方が利点を得ることを目指すという。

 同市によると、対象はANAホールディングスと日本航空など。具体的な人数や時期、業務などについては決まっておらず、今後協議する。担当者は「市として検討段階にあるのは確か。実務上の話はまだしていない」とする。

 航空会社でのキャリアを生かせるよう、観光や地域振興に関わる部署を所属先に考えているという。

 藤原保幸市長は前向きに検討しているとした上で「(今年認定を受けた同市が関係する)日本遺産関連のPRなど、シティープロモーションなどで活躍できる人材をお願いできればと思う。条件面などで双方がウィンウィンの関係を目指して調整したい」と語った。(久保田麻依子、風斗雅博)

2020/12/1
1  2  3  4  5  >

天気(2月25日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ