連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
口の前の部分が立体化し息苦しさを防ぎ、話しやすく工夫した新マスク「Meccha-Shabe」=西宮市六湛寺町 肌に優しい素材を使っており、身体への負担も軽いと話す岸村裕子社長(左)と疋田波津美企画部部長=西宮市六湛寺町
拡大

口の前の部分が立体化し息苦しさを防ぎ、話しやすく工夫した新マスク「Meccha-Shabe」=西宮市六湛寺町

肌に優しい素材を使っており、身体への負担も軽いと話す岸村裕子社長(左)と疋田波津美企画部部長=西宮市六湛寺町

  • 口の前の部分が立体化し息苦しさを防ぎ、話しやすく工夫した新マスク「Meccha-Shabe」=西宮市六湛寺町
  • 肌に優しい素材を使っており、身体への負担も軽いと話す岸村裕子社長(左)と疋田波津美企画部部長=西宮市六湛寺町

口の前の部分が立体化し息苦しさを防ぎ、話しやすく工夫した新マスク「Meccha-Shabe」=西宮市六湛寺町 肌に優しい素材を使っており、身体への負担も軽いと話す岸村裕子社長(左)と疋田波津美企画部部長=西宮市六湛寺町

口の前の部分が立体化し息苦しさを防ぎ、話しやすく工夫した新マスク「Meccha-Shabe」=西宮市六湛寺町

肌に優しい素材を使っており、身体への負担も軽いと話す岸村裕子社長(左)と疋田波津美企画部部長=西宮市六湛寺町

  • 口の前の部分が立体化し息苦しさを防ぎ、話しやすく工夫した新マスク「Meccha-Shabe」=西宮市六湛寺町
  • 肌に優しい素材を使っており、身体への負担も軽いと話す岸村裕子社長(左)と疋田波津美企画部部長=西宮市六湛寺町

 新型コロナウイルスの感染を防ぐマスクが壁となり、子どもとのコミュニケーション不足を感じる保育所職員の悩みを解消しようと、兵庫県西宮市の女性下着メーカー「アンドール」(同市六湛寺町)が、呼吸しやすく、声も通りやすい立体型マスクを開発した。保育所へ寄付すると、「歌の時間に声が出しやすくなり、子どもとの会話がスムーズになった」と喜ばれている。(津谷治英)

 同社は下着の企画、製造、販売が本業。女性スタッフだけの会社で、子育て中の社員もいる。保育所に子どもを預けている社員が、コロナ禍での保育士らの悩みを聞きつけてきた。遊戯や合唱の時間に、園児たちにメロディーや歌詞をうまく伝えられないという。

 同社の疋田波津美(ひきたはつみ)企画部部長(59)は、得意とするブラジャー製作の技術の応用を思いついた。プラスチックのワイヤで口の周囲を立体化して呼吸を楽にし、耳に掛けるゴムは下着の上質素材を使って柔らかくし、肌荒れを防ぐよう工夫した。さらに生地にスポーツウエアを採用。湿気を吸収して早く乾き、においも抑えられるという。

 西宮市内の保育所23カ所と、吹田市の1カ所に寄付。職員から感謝の言葉をもらい、口コミも広がってきたため、一般にも販売することに。「しゃべりやすい」意味を込めて商品名を「Meccha-Shabe(めちゃ・しゃべ)」とした。話す機会の多い大学の教員や営業マンなどが購入している。

 同社の岸村裕子社長(60)は「コロナの影響で人と接触する際の距離や、飛沫(ひまつ)が気になり、人間関係が希薄になっている。会話をしやすい環境づくりに役立ててほしい」と話している。

 Mサイズが1190円、Sサイズが1140円。アンドールTEL0798・23・6081(26日から年末休暇)

2020/12/22
1  2  3  4  5  >
 

天気(10月25日)

  • 17℃
  • 14℃
  • 70%

  • 17℃
  • 9℃
  • 50%

  • 17℃
  • 14℃
  • 80%

  • 17℃
  • 14℃
  • 80%

お知らせ