連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
3府県による緊急事態宣言再発令の要請後、取材に応じる井戸敏三知事=9日午後、神戸市中央区、県災害対策センター(撮影・藤井伸哉)
拡大

3府県による緊急事態宣言再発令の要請後、取材に応じる井戸敏三知事=9日午後、神戸市中央区、県災害対策センター(撮影・藤井伸哉)

3府県による緊急事態宣言再発令の要請後、取材に応じる井戸敏三知事=9日午後、神戸市中央区、県災害対策センター(撮影・藤井伸哉)

3府県による緊急事態宣言再発令の要請後、取材に応じる井戸敏三知事=9日午後、神戸市中央区、県災害対策センター(撮影・藤井伸哉)

 新型コロナウイルスの感染急拡大で、兵庫、大阪、京都3府県の知事は9日、西村康稔経済再生担当相とオンラインで会談し、緊急事態宣言の再発令を正式に要請した。

 兵庫県の井戸敏三知事は要請後、取材に応じ、県内で感染が急拡大している現状を踏まえ「検討を急ぎ、早く宣言を出してほしい」と話した。ただ政府の検討には一定の時間がかかるとみて「来週いっぱいは検討期間になるのではないか」との見方を示した。

 井戸知事は宣言が出された場合、酒類提供を伴う飲食店の時短営業などの措置について「地域限定の対応が必要になる」とし、県内一律ではなく、範囲を検討する考えを強調した。西村康稔経済再生担当相も「知事が判断していただければいい」と答えたという。

 西村氏からは、午後8時以降の不要不急の外出自粛やイベントの人数制限など、緊急事態宣言が再発令された首都圏と同様の対応の検討を求められたが、井戸知事は「(宣言前に)先取りして実施するかどうかは検討していきたい」と述べるにとどめた。

 また、神戸市は9日、幹部会議を開催。市内のコロナ患者向け病床の使用率が94・4%(8日時点)に達したことが報告された。久元喜造市長は「医療提供態勢は限界になりつつある」と述べた。(紺野大樹、初鹿野俊)

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

2021/1/9
1  2  3  4  5  >

天気(3月2日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 50%

  • 8℃
  • ---℃
  • 70%

  • 15℃
  • ---℃
  • 70%

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ