連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
マスク姿で繁華街を歩く買い物客ら=13日午後、神戸市中央区、三宮センター街(撮影・秋山亮太)
拡大

マスク姿で繁華街を歩く買い物客ら=13日午後、神戸市中央区、三宮センター街(撮影・秋山亮太)

マスク姿で繁華街を歩く買い物客ら=13日午後、神戸市中央区、三宮センター街(撮影・秋山亮太)

マスク姿で繁華街を歩く買い物客ら=13日午後、神戸市中央区、三宮センター街(撮影・秋山亮太)

 緊急事態宣言の再発令に伴い、兵庫県内の小売り、飲食各社や文化施設などは14日以降の対応を相次いで決めた。県は夜間の外出自粛の徹底を求めており、百貨店の一部フロアや映画館などでも営業を短縮する動きが広がった。

 県教育委員会は13日、県立学校(高校、特別支援学校など)174校に、受験や就職活動を除き、修学旅行など県外での教育活動を自粛するよう通知した。

 部活動は平日4日(2時間以内)、休日1日(3時間以内)の厳守を要請。宣言期間中は練習試合や合宿を行わないように求めた。

 一方、学校生活ではマスクの着用や換気、消毒の実施など従来通りの対策にとどめた。今月上旬、文部科学省から宣言の対象区域の高校などに対し、朝の通学ラッシュ時をずらす「時差登校」や「分散登校」を検討するよう通知があったが、県教委は「一律の規制はせず、各学校が必要に応じて判断する」としている。(斉藤絵美)

2021/1/14
1  2  3  4  5  >

天気(3月2日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 50%

  • 8℃
  • ---℃
  • 70%

  • 15℃
  • ---℃
  • 70%

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ