連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
三木市役所=三木市上の丸町
拡大

三木市役所=三木市上の丸町

三木市役所=三木市上の丸町

三木市役所=三木市上の丸町

 兵庫県三木市は21日、新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響を受ける飲食店を支援するため、テークアウトに取り組む飲食店事業者に10万円を支給すると発表した。テークアウトの積極的な採用を促すとともに、感染を防止しながら飲食店を利用する「新しい生活様式」の浸透を図る。

 対象は店内で飲食でき、テークアウトにも取り組む飲食店で、約150店を想定。テークアウトやデリバリーの専門店、移動販売は「コロナの影響がそう深刻ではない」として除く。

 支給額は1店舗当たり10万円。市は2月1日から申請を開始し、2月末まで受け付けて「3月中には支給したい」と説明する。市民には支給を受けた店で使える2千円分のチケットを配布する。

 仲田一彦市長は「新しい生活様式が求められ、事業継続のためにも給付金が必要と判断した。さらにテークアウト導入を推し進めていきたい」と話した。

 事業総額は1億4900万円で、28日に開かれる市議会臨時会に補正予算案を提出する。(篠原拓真)

2021/1/21
1  2  3  4  5  >

天気(2月25日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ