連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
大阪(伊丹)空港(資料写真)
拡大

大阪(伊丹)空港(資料写真)

大阪(伊丹)空港(資料写真)

大阪(伊丹)空港(資料写真)

 福島、宮城両県で最大震度6強を観測した13日深夜の地震で東北新幹線が一部不通となっていることを受け、航空各社は16日以降、大阪(伊丹)や神戸と、東北各県の空港を結ぶ臨時便を運航する。

 全日本空輸は16~20日、大阪-仙台間で臨時便1往復を運航する。午前8時5分に大阪を出発し、同9時半に仙台に着く便と、同10時5分仙台発、同11時40分大阪着の便。いずれも座席数は74席。

 スカイマークは17~28日、神戸-仙台間を1日1往復する便を臨時運航する。午前10時40分神戸発の便と、仙台を午後0時45分発の便で、いずれも座席数は177席。フジドリームエアラインズも17日から、神戸-青森間で1日1往復の臨時便運航を予定している。

 航空各社は14、15日も、羽田や大阪などと東北の各空港を結ぶ臨時便を運航したほか、一部の定期便で座席数を増やすなどした。(横田良平)

2021/2/15
1  2  3  4  5  >

天気(4月12日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ