連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大

国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 首都圏1都3県に発令中だった緊急事態宣言が21日での解除が決まった。兵庫を含む6府県は既に2月末で解除されたが、医療現場には懸念も残る。神戸市医師会の置塩隆会長は感染防止策の継続を訴える。

 兵庫は18日まで3日連続で、1日当たり70人台と新規感染者は増加傾向にあり、感染再拡大の兆候が見られると指摘する。置塩会長は「東京であれだけ新規感染者が出ているのに宣言が解除される。『そこまで出ていない兵庫は大丈夫』と気の緩みが出る恐れがある」と話す。

 その上で「増加する感染者に占める変異株の比率も上がっている」とし、18日に4割を超えた兵庫県の重症病床使用率も心配する。置塩会長は「『第4波』を招かないためにも、緊張感をもって対策を続けてほしい」としている。(霍見真一郎)

2021/3/19
1  2  3  4  5  >

天気(5月7日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 50%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ