連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

生活情報 東播

  • 印刷
予約の電話がひっきりなしにかかったコールセンター=高砂市内
拡大

予約の電話がひっきりなしにかかったコールセンター=高砂市内

予約の電話がひっきりなしにかかったコールセンター=高砂市内

予約の電話がひっきりなしにかかったコールセンター=高砂市内

 兵庫県高砂市が17日に始める新型コロナウイルスワクチンの集団接種に向け、5日、専用のコールセンターで始まった予約受け付け。優先対象となった80歳以上の市民から電話がかかり続け、オペレーター10人が対応に追われた。今回の定員900人のうち初日は720人の予約があり、80%が埋まった。

 市は3月31日、接種券(クーポン券)と予診票を、優先対象の1942年4月1日以前に生まれた市民8545人に発送。5日午前8時半、市内に設けられたコールセンターで予約の受け付けが始まると、間もなく全10回線が埋まった。市は当初6人用意していたオペレーターを10人に増やして対応したが、電話が殺到した時間帯には市職員も応援に入った。

 コールセンター(TEL079・443・5556、無休、午前8時半~午後5時15分)は予約のほか、キャンセルなども受け付ける。接種は17日、市総合体育館(同市米田町島)で始める。

(笠原次郎)

2021/4/6
1  2  >
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ