連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
新型コロナウイルス対策について説明する井戸敏三知事=21日夕、兵庫県庁
拡大

新型コロナウイルス対策について説明する井戸敏三知事=21日夕、兵庫県庁

新型コロナウイルス対策について説明する井戸敏三知事=21日夕、兵庫県庁

新型コロナウイルス対策について説明する井戸敏三知事=21日夕、兵庫県庁

 兵庫県は21日、新型コロナウイルス緊急事態宣言の3度目の発令を政府に要請した。百貨店やショッピングセンターなど大型商業施設に対し、営業時間短縮などを検討する。感染拡大が著しい地域とそれ以外の地域で、措置に強弱を付ける考えも明らかにした。井戸敏三知事の会見での主なやり取りは次の通り。

 -要請内容を決めるに当たり、重視する点は。

 「全県で指定を受けるが、協力依頼をする地域を区分できるか。その是非が一つのポイントと思っている。日本海側や西播磨まで阪神間と同じ協力を求める必要はあるとはいえない」

 「もう一つは、営業時間の短縮をさらにお願いするかどうか。土日は昼間から密になったカウンターでの飲酒行為が多いと聞いている。時短をさらに短くするのか、お酒の取り扱いをどうするのか。飲食店はこれらが検討のポイントになる」

 -飲食店について大阪府は休業など3案を提示したが、兵庫で取れる対応は。

 「お酒を提供しないというのは一つの有力な手段になる。お酒を提供しないことと、時間制限をどこまでするのかというのが焦点かなと思う。昨春は休業要請をしたが、そこまで踏み切れるかどうか、よく政府とも相談したい。お酒は出さない方向でしっかり主張したい」

 -飲酒禁止は全時間か。

 「全時間帯だ。居酒屋やレストランを含めてお酒を控えていただくことを求めることになるのではないか」

 -どのような点を政府や大阪府と協議するのか。

 「政府が緊急事態宣言を発出して対策を打つとなると、効果が上がる対応、特に人の流れを抑制する対策が期待される。そういう意味で例えば、デパートや大きなショッピングモールにも協力をお願いせざるを得ないのでは。食料品や生活必需品のコーナーは別として、それ以外は休業なのか、時間制限なのかを含め、しっかり協議をしたい。決まってはいないが、土日休業、平日は時間制限とか、いろんなアイデアがある」

 -百貨店や商業施設について。人の流れを絞るには時短が必要と考えるか。

 「やらなきゃいけないと思っている。多くの人たちが集まる状況を少なくしていかないと感染リスクの軽減につながらないという思いが、人の流れを減らす施策に結びついている。そのような対応をしっかり取り組まないといけない」

 -遊興施設などへの要請はどう考える。

 「時間短縮が中心になってくるとは思う」

 -イベントは。

 「なかなか難しい。前売り券を売っている事業についてどうするか、慎重な検討がいるのではないか。施設にお客をどの程度入れるのか。今は室内だと2分の1以下。屋外でも5千人以下となっているが、例えば無観客も含めて検討していく。政府の方針もあるので、十分協議をしたい」

 「一方、中体連や高体連などのスポーツ大会は大会日程が決まっていて、子どもたちはそれに向け練習を積んでいる。開催をやめることはしにくい。全国的にやめるならできるが、一部地域だけでやめてしまうと、(大会出場の)権利がなくなることになりかねない。慎重な検討が必要」

 -プロ野球の延期、中止も視野に入れているか。

 「日程が決まっており、前売りもしている。試合をやめなさいと踏み切れるかどうか。個人的にはそこまで踏み切る必要性はないと思うが、観客や売店などの取り扱いをどうするか。そのような(対策の)組み合わせが必要になってくるのではないか。兵庫県だけで決められる話ではない。政府の検討状況を踏まえないといけないと思っている」

 -学校の部活動全面自粛は検討するか。

 「あり得ない。部活を全面的にやめろとは言えないと思っている。学校閉鎖を求めるまでは踏み切らないことと同じ議論だと思っている」

 -大阪府の吉村洋文知事は昨春の緊急事態宣言以上の措置が必要だと言っている。兵庫県のスタンスは。

 「昨年の緊急事態宣言は、一律、一円に同一項目をお願いした。効果を上げた半面、大きな影響も与えた。効果が上がる対策を重点的にしようというのが吉村知事の発想で、基本的な考え方は同じ。対象地域や協力内容は違いが出てくる可能性があるが、兵庫の方が規制が弱いからという理由で大阪から人が流れてくることのないように、足並みをできるだけそろえたい」

 -発令期間はどのぐらいが望ましいと考えるか。

 「協力依頼の対象によって違ってくるかもしれないが、従来のまん延防止措置も1カ月だったので、1カ月程度が基本になるのかなと思っている。あまり短いと効果がないし、あまり長いと事業者に大きな影響を与えすぎる」

 -宣言を1カ月発令すると、兵庫県内での聖火リレーも対象に入ってくる。

 「沿道が密になるかどうかが一つのポイント。道路を選手が走るのが密になるとは考えられない。私なんかは積極派だが、心配する人も多くいる。組織委員会とも協議し、沿道を走るのがまずいのなら、兵庫五国で場所を決めて、催しをすることも代替案としてはあり得る。ただ、もう少し見極めが必要で、今の段階では決められない」

 -知事として強いメッセージを。

 「今回の緊急事態宣言発令要請は従来型のコロナ対策では対応できず、変異型対策をきちんとしないといけないということを踏まえた対応が基本。感染力が強く、若い方も重症化する可能性が高く、症状がなかなか消えない。やっかいな性格を持っている。われわれ自身が感染を持ち込まない、家庭内に広めない、家庭から外に持って行かない。3原則を意識して行動する対策が基本だと強く訴えたい。従来と異なるという前提で行動いただきたい」

2021/4/21
1  2  3  4  5  >

天気(6月13日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ