連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

 兵庫県が24日に設置した新型コロナウイルスの電話相談窓口「緊急事態措置コールセンター」に、25日までの2日間で約600件の問い合わせが殺到した。大半は休業要請の対象になるかを問う内容で、県はホームページ(HP)に詳細な業種を示す。

 県によると、24日は223件、25日は364件と両日で計587件の問い合わせがあった。休業対象外の「生活必需物資」について▽対象になるサービス業の業種について▽大型商業施設外も対象か-などが主な内容で、担当者は「感覚的には9割が休業要請関連」と話す。

 対象業種を巡っては、国が県に施設例を示したのが24日未明。県は調整を急いだが、宣言発令直前の同日午後になってもHP上では施設の概要しか分からず、問い合わせ増の一因になったとみられる。

 県は26日朝までにHPを改良し、詳細な業種を示す。同コールセンター(TEL078・362・9921、平日午前9時~午後5時)は回線数を既に増やしており、5月9日までは土日祝日も対応する。(藤井伸哉)

2021/4/26
1  2  3  4  5  >

天気(6月14日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ