連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルス感染拡大が続く中、3月以降の第4波で、兵庫県でも若者の感染者が目立っている。年代別では20代が約2割で最も多く、30代以下では44%と半数近くを占める。(井川朋宏)

 県は25日、直近1週間の新規感染者が1日平均500人に達し、この1週間だけで昨年3~10月の累計感染者3250人を超えた。

 昨年11月~今年2月の第3波では、医療機関や高齢者施設のクラスターが目立った。感染者は60代以上が3割台半ばを占め、30代以下の若者とほぼ同じ割合だった。

 一方、3月1日~4月25日の感染者は、20代が最多の19%になっている。30代と10代はそれぞれ1割前後、10歳未満は4%。60代以上は約4分の1で、第3波より10ポイント近く下がった。

 県の担当者は「若くても感染しやすくなり、若者から若者への感染が広がっているのでは」と話す。経路判明分のうち家庭内感染が5割を超え、ウイルスが持ち込まれると、子どもを含めて一家全員が感染する傾向もあるという。

 県は特に若い人に対し、会食などリスクの高い場面や、路上や公園などで集団の飲酒を避けるように要請している。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

2021/4/27
1  2  3  4  5  >

天気(6月14日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ