連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
人流を抑えるため、臨時休業となった大丸神戸店の化粧品売り場=27日午後、神戸市中央区明石町(撮影・中西幸大) 神戸新聞NEXT
拡大

人流を抑えるため、臨時休業となった大丸神戸店の化粧品売り場=27日午後、神戸市中央区明石町(撮影・中西幸大)

神戸新聞NEXT

  • 人流を抑えるため、臨時休業となった大丸神戸店の化粧品売り場=27日午後、神戸市中央区明石町(撮影・中西幸大)
  • 神戸新聞NEXT

人流を抑えるため、臨時休業となった大丸神戸店の化粧品売り場=27日午後、神戸市中央区明石町(撮影・中西幸大) 神戸新聞NEXT

人流を抑えるため、臨時休業となった大丸神戸店の化粧品売り場=27日午後、神戸市中央区明石町(撮影・中西幸大)

神戸新聞NEXT

  • 人流を抑えるため、臨時休業となった大丸神戸店の化粧品売り場=27日午後、神戸市中央区明石町(撮影・中西幸大)
  • 神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言で、大丸松坂屋百貨店は27日、大丸の神戸、芦屋、須磨の兵庫県内3店舗で、化粧品や婦人用品の販売を取りやめ、食品のみの販売に切り替えた。県の要請などを踏まえて「生活必需品」の位置付けを変更した。

 同社は宣言が発令された4都府県の店舗で、食品に加え化粧品とハンカチ、靴下などの婦人用品も必需品として販売。県の休業・時短要請の内容を精査し、26日夜に県内3店の営業品目の変更を決めたという。

 急な変更を知らず、27日に来店した人は困惑気味。「化粧品の休業は知らなかった」と同県明石市のパート従業員女性(38)。「インターネットが使えない高齢者は困るのでは。近くには営業中の店もあり、不公平感がある」と話した。友人に化粧品をプレゼントするため訪れた神戸市の看護師女性(28)は、数日前にホームページを見た上で来店したが「シャッターが閉まっていてショック。ネットで注文するしかない」と店を後にした。

 各店の営業時間は、神戸店が午前10時半~午後6時半。芦屋、須磨店は午前10時~午後7時。(横田良平、中務庸子)

2021/4/27
1  2  3  4  5  >

天気(6月14日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ