連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

生活情報 東播

  • 印刷
フリースペースの机にアクリル板を置いた東播磨生活創造センター「かこむ」=加古川市加古川町寺家町 平日の営業を再開した加古川ヤマトヤシキ=加古川市加古川町篠原町
拡大

フリースペースの机にアクリル板を置いた東播磨生活創造センター「かこむ」=加古川市加古川町寺家町

平日の営業を再開した加古川ヤマトヤシキ=加古川市加古川町篠原町

  • フリースペースの机にアクリル板を置いた東播磨生活創造センター「かこむ」=加古川市加古川町寺家町
  • 平日の営業を再開した加古川ヤマトヤシキ=加古川市加古川町篠原町

フリースペースの机にアクリル板を置いた東播磨生活創造センター「かこむ」=加古川市加古川町寺家町 平日の営業を再開した加古川ヤマトヤシキ=加古川市加古川町篠原町

フリースペースの机にアクリル板を置いた東播磨生活創造センター「かこむ」=加古川市加古川町寺家町

平日の営業を再開した加古川ヤマトヤシキ=加古川市加古川町篠原町

  • フリースペースの机にアクリル板を置いた東播磨生活創造センター「かこむ」=加古川市加古川町寺家町
  • 平日の営業を再開した加古川ヤマトヤシキ=加古川市加古川町篠原町

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言延長に伴って休業要請が見直された12日、兵庫県・東播地域では大型商業施設が平日の営業を再開し、利用を休止していた公共施設も多くが開館した。感染者が大幅に減少しない中、対策を強化する施設も。ただ商業施設は土日、生活必需品以外は休業となり、「要請には応えるが、対応が煩雑」と戸惑う声も聞かれた。(若林幹夫、門田晋一)

 地下の食品フロアや6階の紀伊國屋書店などに限って営業していたJR加古川駅前の加古川ヤマトヤシキは、平日のみ2~5階を含む大部分で営業エリアを拡大。友人への贈り物として食器を買った加古川市の女性(71)は「平日に開くのをホームページで調べて来た。まだ土日が休みなのは仕方ない」と理解を示した。

 同市加古川町寺家町のニッケパークタウンは全館再開に合わせ、人が集まりやすいフードコートなどに二酸化炭素の測定機器を導入して換気を強化した。「消毒する場所も増やす」と担当者。生活必需品以外は土日休業になることについては「営業、休業の区画を仕切ることを繰り返すのは複雑。客に不便をかけることにもなり、心苦しい」と話した。

 県加古川総合庁舎1階の東播磨生活創造センター「かこむ」もほぼ通常通りの時間で開館し、ギャラリーなど貸し館を再開。フリースペースは机の上に新たにアクリル板を設けた。

 土日も含めて開館する県立考古博物館(播磨町大中1)は、有料の展示室以外の入館者にも連絡先の記入などを求める。開催中の特別展「弥生時代って知ってる?-2000年前のひょうご」は、入場人数を20人程度に制限。勾玉(まがたま)や石包丁作りなど「古代体験」、埋蔵品の発掘体験は休止する。

2021/5/13
1  2  >
 

天気(7月30日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 10%

  • 33℃
  • 23℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ