連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
神戸市役所=神戸市中央区
拡大

神戸市役所=神戸市中央区

神戸市役所=神戸市中央区

神戸市役所=神戸市中央区

 新型コロナウイルス感染の「第4波」が始まったとされる3月以降、神戸市内の感染者で20~30代の男性2人と女性1人が死亡していたことが11日、市への取材で分かった。高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を含め、3人とも基礎疾患があったという。兵庫県内で30代以下のコロナ患者の死亡が明らかになるのは初めて。(三島大一郎)

 亡くなった3人については、遺族の同意が得られていないとして、これまで市が年代などを発表していなかった。このうち1人の男性は、3月に市が発表した市内の宿泊療養施設で亡くなったコロナ患者。3月17日に軽症で同施設に入所後、容体が急変したとみられ、同21日に死亡が確認された。ほかの男女2人は病院で亡くなったという。

 また第4波が始まって以降、神戸市内で40代の男性患者3人が死亡し、うち2人は基礎疾患がなかったことも分かった。3人のうち1人は、入院調整中に自宅で死亡したとして、市が4月下旬に発表している。

 市によると、コロナ第1~3波の死者数は計205人(公表調整中の人を含む)。30代以下の死者はおらず、40代が2人だった。第4波での死者数は9日時点で167人(同)に上っている。市健康局は「変異株の感染力が強く、若年層も含めて幅広い世代に感染が広がっている。第1~3波に比べて症状が出やすい」としている。

2021/5/12
1  2  3  4  5  >

天気(6月23日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 26℃
  • 18℃
  • 30%

  • 29℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ