連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
神戸新聞NEXT 神戸新聞NEXT
拡大

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

  • 神戸新聞NEXT
  • 神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT 神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

  • 神戸新聞NEXT
  • 神戸新聞NEXT

 兵庫県は11日、新たに377人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県所管分で重複があったとして1人の取り下げがあり、県内の累計感染者数は3万5929人になった。姫路と尼崎、西宮市などで計14人の死亡が確認され、死者数は累計811人となった。

 死亡した14人のうち、尼崎市の70代男性は自宅療養中の10日に亡くなった。医師の往診を受けていたという。5月の死者数は計134人(11日時点)となり、86人だった4月の1カ月間を大幅に上回っている。191人が死亡した今年1月に次ぐ2番目の多さ。

 また県は11日、4月にコロナ感染後に18人が自宅で亡くなったと明らかにした。このうち15人は、入院先が見つからず自宅待機していた人や、入院調整はせず自宅療養中だった患者。残る3人は自宅で死亡後に感染が判明した。

 クラスター(感染者集団)も新たに発生し、加古川健康福祉事務所管内の高齢者施設▽西宮市の高齢者施設2カ所▽同市を練習拠点にするバレーボールVリーグ1部(V1)女子「JTマーヴェラス」-で確認された。既に感染が相次いでいる尼崎市の介護サービス事業所、姫路市の高齢者施設、県警察学校(芦屋市)でも再び感染者が判明した。

 11日時点の病床使用率は73・1%、重症用は73・3%。入院・入所を待つ患者と、無症状などの「自宅療養」中の人は計3千人を超えている。(まとめ・金 旻革)

2021/5/11
1  2  3  4  5  >

天気(6月19日)

  • 26℃
  • 21℃
  • 80%

  • 27℃
  • 21℃
  • 80%

  • 26℃
  • 21℃
  • 80%

  • 23℃
  • 20℃
  • 80%

お知らせ