エッセー・評論

遠慮深いうたた寝

  • 印刷
完璧なぼくの土台(撮影・小林良多)

完璧なぼくの土台(撮影・小林良多)

 次々と、ものの壊れる春である。まず、門扉の電子錠が動かなくなり、次にファックスが紙を送らなくなった。最近、ファックスを使うことも減ったから、このままでいいか、と思っているところに、パソコンが怪しい動きを見せはじめ、こちらは大慌てで修理を頼んだ。そうこうしているうち、昭和の遺物として大事に使っていたラジカセが、とうとう寿命を終えた。その数日後、車が壊れた。

 正確に言えば、私が駐車場の柱にぶつけて壊したのである。ちょうど10年前、デザインも燃費も考えず、ただラブラドールのケージがトランクに積めるかどうかだけを基準にして選んだ車だった。そのラブラドールのラブも、3年前に死んだ。

2015/4/4

天気(10月25日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 10℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ