教育

学園長が斬る

  • 印刷

 何色ものペンを使って、カラフルな授業用ノートを作っているお子さんを見かけます。確かに色とりどりで楽しそうなのですが、それが必ずしも内容的にもいいとは言えません。

 授業用ノートのポイントは二つあります。一つは、後で見返したとき、重要な点を把握できること。もう一つは、先生の話を聞きながら、ノートの余白に先生の説明を自分なりにまとめたり、実際に作業したりできることです。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

2012/5/27
 

天気(12月6日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 20%

  • 14℃
  • 2℃
  • 10%

  • 13℃
  • 7℃
  • 50%

  • 13℃
  • 6℃
  • 60%

お知らせ