• 印刷
火災報知機の発信機が設置されていることを確認する消防署員=姫路市内
拡大

火災報知機の発信機が設置されていることを確認する消防署員=姫路市内

火災報知機の発信機が設置されていることを確認する消防署員=姫路市内

火災報知機の発信機が設置されていることを確認する消防署員=姫路市内

 22日に開かれる「世界遺産姫路城マラソン」を前に、開催日前後の混雑が予想される姫路市中心部のホテルや旅館で、姫路東消防署が特別査察を行っている。消防設備を確認し、施設のスタッフに注意を呼び掛ける。

 宿泊客が多く集まる中、火災の発生や被害拡大を防ごうと10~20日に集中して実施する。JR・山陽姫路駅周辺に立地し、直近に査察をしていない8施設を署員が回る。

 13日は山陽姫路駅近くのビジネスホテルで、避難経路が示されているか▽経路に障害物がないか▽客室のカーテンは防炎仕様か▽自動火災報知機は作動するか-などをチェック。署員がホテルスタッフと各階を回り、安全を確認した。

 同消防署の西川孝志消防司令は「適切な防火管理で安全安心のおもてなしを提供してほしい」としている。(金 慶順)

2015/2/14

天気(9月19日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ