• 印刷
巡回連絡で住民と言葉を交わす行友誠巡査長=神戸市須磨区多井畑 第78回箱根駅伝で2区を走る大学時代の行友巡査長=2002年1月(提供写真)
拡大

巡回連絡で住民と言葉を交わす行友誠巡査長=神戸市須磨区多井畑

第78回箱根駅伝で2区を走る大学時代の行友巡査長=2002年1月(提供写真)

  • 巡回連絡で住民と言葉を交わす行友誠巡査長=神戸市須磨区多井畑
  • 第78回箱根駅伝で2区を走る大学時代の行友巡査長=2002年1月(提供写真)

巡回連絡で住民と言葉を交わす行友誠巡査長=神戸市須磨区多井畑 第78回箱根駅伝で2区を走る大学時代の行友巡査長=2002年1月(提供写真)

巡回連絡で住民と言葉を交わす行友誠巡査長=神戸市須磨区多井畑

第78回箱根駅伝で2区を走る大学時代の行友巡査長=2002年1月(提供写真)

  • 巡回連絡で住民と言葉を交わす行友誠巡査長=神戸市須磨区多井畑
  • 第78回箱根駅伝で2区を走る大学時代の行友巡査長=2002年1月(提供写真)

 22日に初開催される「世界遺産姫路城マラソン」に、須磨署地域第3課の行友(ゆきとも)誠巡査長(33)が招待選手として出場する。学生時代、東京箱根間往復大学駅伝競走大会(箱根駅伝)で“花の2区”を2年連続で走った経歴を持つ。新人警察官の頃、姫路の寮に住み、姫路城周辺はランニングコースだった。「懐かしい風景も楽しみ」と号砲を待つ。(初鹿野俊)

 山口県柳井市出身。剣道部だった中学生の時、校内のマラソン大会での好走が陸上部顧問の目に留まり、長距離走を始めた。猛練習で実績を積み、スポーツ強豪校の宇部鴻城(こうじょう)高校(同県宇部市)に推薦入学。全国大会に縁はなかったが、専修大学から声が掛かった。大学2、3年では箱根駅伝に出場し、各校がエース級を並べる2区を任された。卒業後は実業団の選手として活動したが、度重なるけがで第一線から退いた。

 選手時代から、レースで交通整理に従事する警察官に憧れがあり、2008年に兵庫県警へ。縁もゆかりもない土地だったが、「陸上王国兵庫は憧れの地」と志したという。

 たつの署を振り出しに、12年9月から須磨署に勤務。13年1月には、大リーガーイチロー選手のサイン入りバットが盗まれた事件の容疑者に職務質問し、逮捕に貢献したこともあった。現在は神戸市須磨区の多井畑交番を受け持ち、巡回連絡や交通違反の取り締まりに当たる。「陸上で培った忍耐力と体力が生かせる仕事」と話す。

 フルマラソンは8年ぶりで、最高タイムは実業団時代の2時間26分台。今回の招待選手には、中学時代に憧れた安藤真人選手(山陽特殊製鋼、報徳高出)も名を連ねる。行友巡査長は「一緒に走れるのはうれしいが、自分は市民ランナーですから」と控えめながらも、「上司や同僚も応援してくれている。上位入賞を目指したい」と意気込んでいる。

2015/2/16

天気(9月21日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ