• 印刷

 「世界遺産姫路城マラソン2015」が開かれる22日朝、山陽電鉄とJR西日本は、ランナーや応援する人たちの利用増を見込み、増便や車両の増結を行う。

 同マラソン実行委員会が、ランナーの居住地や当日の交通規制などを基に、2社に対し増便などを要請していた。

 山陽電鉄は、22日早朝に臨時の特急電車2本を運行する。発着駅や時間は、「午前5時54分山陽須磨発、同6時43分山陽姫路着」と「同6時半山陽明石発、同7時6分山陽姫路着」。いずれも通常の特急電車と同じ駅に停車する。

 JR西日本は神戸、播但、姫新の各線で、午前6~8時台に姫路駅に到着する一部の快速、普通電車の車両を2~4両増やす。また、マラソンコース近くの姫新線余部駅に到着する同8時前後の2本も各2両増やす計画。

 山陽電鉄は「ランナーや応援する人たちに活用してもらい、渋滞回避に貢献できれば」としている。(山路 進)

2015/2/16

天気(9月24日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ