• 印刷
子どもたちと一緒にトラックを駆ける尾崎好美さん(中央)=姫路市立陸上競技場
拡大

子どもたちと一緒にトラックを駆ける尾崎好美さん(中央)=姫路市立陸上競技場

子どもたちと一緒にトラックを駆ける尾崎好美さん(中央)=姫路市立陸上競技場

子どもたちと一緒にトラックを駆ける尾崎好美さん(中央)=姫路市立陸上競技場

 「世界遺産姫路城マラソン」の開催を前に、大会ゲストランナーでロンドン五輪女子マラソン日本代表の尾崎好美さん(33)が指導するランニングイベントが21日、兵庫県姫路市中地の市立陸上競技場で開かれた。子どもたちがトラックで汗を流し、走るこつを体得した。

 尾崎さんが所属する第一生命の姫路支社が主催。市内外の小中学生を中心に、高校や大学の陸上部員ら計120人が参加した。

 尾崎さんは「走るときには前傾姿勢を保ち、頭の上下動を少なくすることが大事」と指摘。脇をほどよく広げ、前方を軽くパンチするように腕を振るのがよい-などと、実演を交えて具体的にアドバイスした。

 全員でトラックを走った後、「呼吸が苦しいときは思いっきり息を吐いたり、腕を下ろしてみたりして、楽しく走ってください」とエールを送った。

 姫路城マラソンで2キロのファンランに挑む曽左小学校6年、男子児童(12)は「速く走れるようになった気がする。自己ベストの7分10秒台を目指します」と意気込んでいた。(金 慶順)

2015/2/22

天気(9月25日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

  • 22℃
  • ---℃
  • 90%

  • 23℃
  • ---℃
  • 90%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ