• 印刷
記念撮影に応じる招待選手の(右から)坂本隆哉さん、清水将也さん、高野修徳さん、嶋原清子さん、田中千洋さん=27日夜、姫路市内のホテル
拡大

記念撮影に応じる招待選手の(右から)坂本隆哉さん、清水将也さん、高野修徳さん、嶋原清子さん、田中千洋さん=27日夜、姫路市内のホテル

記念撮影に応じる招待選手の(右から)坂本隆哉さん、清水将也さん、高野修徳さん、嶋原清子さん、田中千洋さん=27日夜、姫路市内のホテル

記念撮影に応じる招待選手の(右から)坂本隆哉さん、清水将也さん、高野修徳さん、嶋原清子さん、田中千洋さん=27日夜、姫路市内のホテル

 28日に2度目の号砲が鳴る「世界遺産姫路城マラソン2016」(神戸新聞社など共催)を前に、ゲストランナーらを招いたレセプションが27日夜、姫路市内のホテルで開かれた。関係者約150人が出席し、大会の成功を誓い合った。

 フルマラソンとファンラン(1~5キロ)に兵庫県内外から計1万人がエントリー。フルマラソンは午前9時、ファンランは午前9時5分から順次スタートする。午前7時から最長午後5時まで、城周辺やコースとなる道路の交通が規制される。

 レセプションでは、坂本隆哉さん(自治ランナーズ)ら招待選手5人をはじめ、ゲストランナーの渋谷俊浩さんや小林祐梨子さんらが登壇。市などでつくる実行委員会のメンバーが鏡開きで歓迎した。

 今回、初のフルマラソンに挑む小林さんは「初めて走るのは地元の大会でと、前から決めていた。皆さんと一緒に、沿道で配られる給食も楽しみながら走りたい」と笑顔で語った。(末永陽子)

2016/2/27

天気(9月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ