• 印刷
「しらさぎ賞」を受けた都築徹さん(左)と山田正良さん=東京都千代田区、姫路市東京事務所
拡大

「しらさぎ賞」を受けた都築徹さん(左)と山田正良さん=東京都千代田区、姫路市東京事務所

「しらさぎ賞」を受けた都築徹さん(左)と山田正良さん=東京都千代田区、姫路市東京事務所

「しらさぎ賞」を受けた都築徹さん(左)と山田正良さん=東京都千代田区、姫路市東京事務所

 2月に開かれた世界遺産姫路城マラソンのレース中に心肺停止状態で倒れた男性を助けたとして、兵庫県姫路市は26日、千葉市の会社員山田正良さん(58)、東京都港区の同都築徹さん(46)に善行をたたえる「しらさぎ賞」を贈った。

 2人は一般ランナーとして参加。山田さんは前を走っていた20代男性がゴール近くで急に倒れたため、息をしていないことを確認した上で心臓マッサージを開始。近くを走っていた都築さんも自動体外式除細動器(AED)の操作に協力するなど救命措置をした。

 東京都内の姫路市東京事務所で賞状と盾を受け取った山田さんは「自然に体が動いた」。都築さんは「AEDをすぐ届けてくれた人がいるなど環境がよかった」と話していた。(今福寛子)

2018/4/27

天気(11月17日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ