• 印刷
受け付けを開始した姫路城マラソンをPRする市職員ら=JR姫路駅前
拡大

受け付けを開始した姫路城マラソンをPRする市職員ら=JR姫路駅前

受け付けを開始した姫路城マラソンをPRする市職員ら=JR姫路駅前

受け付けを開始した姫路城マラソンをPRする市職員ら=JR姫路駅前

 兵庫県姫路市などは23日、来年2月24日に開かれる「世界遺産姫路城マラソン2019」(神戸新聞社共催)の出場受け付けを開始した。同日、市職員らがJR姫路駅でチラシを配り、大会のPRを行った。インターネットのみで受け付け、8月21日午後5時に締め切る。

 フルマラソン(42・195キロ)の定員は7千人で、制限時間は6時間。初出場枠を1500人に拡大し、外国人枠も増やす。一定の記録を持つランナーが対象のアスリート枠もある。

 コースは前回と同様、姫路駅北の大手前通りを出発し、市北部の塩田温泉郷で折り返す。夢前川サイクリングロードを抜け、姫路城三の丸広場にゴールする。城周辺を走るファンラン(1~5キロ、定員4720人)もある。

 第5回大会を記念し、スペシャルゲストとしてシドニー五輪金メダリストの高橋尚子さんが登場する。定員を超えた場合は抽選。参加料はフル1万円、ファンラン2千~4千円。ボランティアも受け付ける。実行委員会事務局TEL079・221・2862

(谷川直生)

2018/7/24

天気(8月24日)

  • 29℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 22℃
  • 20%

  • 30℃
  • 24℃
  • 50%

  • 31℃
  • 22℃
  • 40%

お知らせ