• 印刷
スタートを待ちわびるフルマラソンの参加者ら=2018年2月11日、姫路市
拡大

スタートを待ちわびるフルマラソンの参加者ら=2018年2月11日、姫路市

スタートを待ちわびるフルマラソンの参加者ら=2018年2月11日、姫路市

スタートを待ちわびるフルマラソンの参加者ら=2018年2月11日、姫路市

 来年2月24日に開かれる「世界遺産姫路城マラソン2019」(神戸新聞社など共催)の出場者募集が締め切られ、姫路市はフルマラソンに1万9467人(前回1万9680人)の応募があったと発表した。定員7千人に対する抽選倍率は約2・8倍で、前回並みだった。9月26日に当選者を発表する。

 同マラソンは5回目。定員を前回から千人増やして1500人とした「初出場枠」には、8145人が応募した。一定の記録を持つランナーが対象の「アスリート枠」は、定員千人に対し応募者が1603人だった。両枠の落選者は一般枠の抽選対象にもなる。

 家族や子どもらが参加するファンラン(1~5キロ、4720人)には5864人が応募。定員300人の「海外枠」には、台湾や香港を中心に459人の申し込みがあった。

 市は、大会の運営に携わるボランティアを引き続き募集している(定員3千人)。実行委員会事務局TEL079・221・2862

(井沢泰斗)

2018/8/28

天気(8月19日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 33℃
  • ---℃
  • 40%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ