• 印刷
「世界遺産姫路城マラソン2019」でごみを拾いながら走る予定の(左から)竹尾さん、原さん、松村さん=姫路市内
拡大

「世界遺産姫路城マラソン2019」でごみを拾いながら走る予定の(左から)竹尾さん、原さん、松村さん=姫路市内

「世界遺産姫路城マラソン2019」でごみを拾いながら走る予定の(左から)竹尾さん、原さん、松村さん=姫路市内

「世界遺産姫路城マラソン2019」でごみを拾いながら走る予定の(左から)竹尾さん、原さん、松村さん=姫路市内

 24日に兵庫県姫路市で開かれる「世界遺産姫路城マラソン2019」(神戸新聞社など共催)のフルマラソン(42・195キロ)で、街の清掃に取り組むNPO法人「グリーンバード」(事務局・東京)の姫路チームの3人が、ごみを拾いながらゴールを目指す。マラソンコースでのポイ捨ては各地の大会で主催者が対策に苦心しているのが現状。3人は「ごみを捨てたらあかん、という空気を広げたい」と意気込む。(宮本万里子)

 姫路を中心に活動する同チームのリーダー竹尾かおりさん(45)=姫路市=と、メンバーで自営業の原勇一郎さん(39)=同、会社員の松村龍太郎さん(45)=同。きっかけは、3人が他の大会などでごみの多さを実感したことだった。補給食の袋、飲み物の容器、痛み止めなどの薬の箱…。「ランナーの進路を妨害し、危険」と口をそろえる。

 そもそもコース上でのごみは給水、給食場所にある袋や箱に捨てるのが原則だ。しかし、テレビ中継で目にするトップ選手らが給水コップを放り投げるイメージなどもあってか、ランナーの認識は薄い。

 姫路城マラソン実行委員会は「タイムを争う選手は仕方ない面もあるが、『ごみはごみ箱へ』が基本」。発着点となる姫路城周辺は本来、美化強化区域のためポイ捨てには罰金が科せられる。コース上の他の区域も含め「マナー良く」と呼び掛けているが、過去4大会でもごみが目立った。

 原さんは「体のダメージは大きいだろうが、応援を励みに走りたい」。松村さんは「僕らの姿が、ごみを捨てない人を増やすことにつながれば」と期待を込める。

 3人は当日、かごを背負ったり、ごみ袋を手にしたりしながら走る。出場予定者で、同様にごみ拾いを希望するランナーは同チームへメール(himeji@greenbird.jp)で。

■ごみ箱手厚く…各大会で工夫

 マラソンコース上のごみ対策については、各大会の主催者が知恵を絞っているが、多くは参加者の「マナー頼り」となっている。

 毎秋開催の神戸マラソンの実行委員会は「『ごみを手に走りにくい』『人が多くてごみ箱に近寄れなかった』などポイ捨ての理由はあるだろうが、落ちているとつまずいて危ない」。参加者に向けた標語「マナーかるた」を作り、「ポイ捨てはマナーも一緒に捨ててるよ」とホームページ(HP)などで発信している。

 3万人以上が参加する大阪マラソンは「きれいな所にはごみを捨てにくい」(組織委員会)と、大阪市やボランティアが大会前の清掃を徹底しているという。

 一方、今月17日に開かれた京都マラソンでは、給水所のほか、コース沿いの200~300メートルおきにごみ箱計610個が手厚く設置された。実行委は「年々力を入れており、効果は上がっている」と強調する。

 京都と同日に高知市で開かれた高知龍馬マラソンの実行委は「給水所15カ所で捨ててほしい」と啓発。他の場所へのごみ箱設置などは「準備の人手が足りないこともあり、難しい」とする。

2019/2/21

天気(10月24日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 20℃
  • ---℃
  • 90%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ