• 印刷
水稲栽培の緑肥にするためトラクターで菜の花を細断する作業=姫路市夢前町玉田 姫路城マラソンのランナーを出迎える菜の花畑=姫路市夢前町玉田
拡大

水稲栽培の緑肥にするためトラクターで菜の花を細断する作業=姫路市夢前町玉田

姫路城マラソンのランナーを出迎える菜の花畑=姫路市夢前町玉田

  • 水稲栽培の緑肥にするためトラクターで菜の花を細断する作業=姫路市夢前町玉田
  • 姫路城マラソンのランナーを出迎える菜の花畑=姫路市夢前町玉田

水稲栽培の緑肥にするためトラクターで菜の花を細断する作業=姫路市夢前町玉田 姫路城マラソンのランナーを出迎える菜の花畑=姫路市夢前町玉田

水稲栽培の緑肥にするためトラクターで菜の花を細断する作業=姫路市夢前町玉田

姫路城マラソンのランナーを出迎える菜の花畑=姫路市夢前町玉田

  • 水稲栽培の緑肥にするためトラクターで菜の花を細断する作業=姫路市夢前町玉田
  • 姫路城マラソンのランナーを出迎える菜の花畑=姫路市夢前町玉田

 兵庫県姫路市夢前町の夢前川沿いで、姫路城マラソンの参加ランナーを元気づける「一千万本の菜の花畑」を来年以降も継続しようと、地元の農業法人「夢前夢工房」が、栽培にかかる経費をインターネットで募るクラウドファンディング(CF)に取り組んでいる。出資者には、菜の花を肥料に活用した新米を返礼品として還元する。

 夢工房は約10年前から、菜の花を緑肥として活用した米の栽培に取り組んでいる。咲き終わった後は菜の花を土にすき込み、土壌改良に役立てている。

 2016年以降は、姫路城マラソンのコースとなった同市夢前町玉田でも、約8ヘクタールの菜の花畑でランナーを迎えるように。鮮やかな彩りが好評を博しているが、本年度からは県の補助金がなくなり、肥料代や人件費など約450万円の経費を自社でまかなう状態になった。

 同法人単独では継続が危ぶまれる状況だといい、CFを活用し、主に農作業の人件費や燃料代に充てる費用を募っている。目標額は700万円で、受け付けは4月30日まで。出資者には、新米(1口当たり2キロ)を還元する。返礼品を直接受け取る場合は1口3千円。郵送希望者は同4千円。夢工房TEL090・8930・8124

(小林良多)

2019/3/22

天気(6月3日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 10%

  • 31℃
  • 16℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 10%

  • 31℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ