• 印刷
1万2千人のランナーがスタートする予定だった大手前通り。大会は幻となったが、広報ランナーの挑戦は続く=姫路市駅前町
拡大

1万2千人のランナーがスタートする予定だった大手前通り。大会は幻となったが、広報ランナーの挑戦は続く=姫路市駅前町

1万2千人のランナーがスタートする予定だった大手前通り。大会は幻となったが、広報ランナーの挑戦は続く=姫路市駅前町

1万2千人のランナーがスタートする予定だった大手前通り。大会は幻となったが、広報ランナーの挑戦は続く=姫路市駅前町

 23日の姫路城マラソンを目前に控え、コスプレ衣装の検討に入った神戸新聞記者、井沢泰斗(29)と地道優樹(24)。人を楽しませ、かつ品位を保ち得るコスプレとは何か-。

 考え抜いた井沢に、あるアイデアがひらめいた。これしかない-。東京五輪が行われる2020年にふさわしく、かつ、コスプレ懐疑派のランナーからも文句はないだろう。井沢は自信を深めた。

 「雲行きが怪しい」

 衝撃の第1報は19日午前、姫路市役所担当のO先輩(39)からもたらされた。筋金入りの埼玉西武ライオンズファンだが、甘いマスクと耳の早さに定評がある。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、姫路城マラソンが中止に傾いているというのだ。

 同日午後、正式に中止が発表される。うなだれる井沢と、特に感想がなさそうな地道を前に、Mデスク(46)は「伝説の広報ランナーを目指す挑戦に、中止などあろうはずがない」と告げた。

 井沢は、大会本番を心待ちにしていたランナーの無念を思った。広報ランナーにできることは何か。沿道に声援がなくても、走るしかないではないか。井沢は覚悟を決め、衣装の仕上げにかかる。

 地道は中止決定後すぐにマラソンのことを忘れたが、周囲から「頑張れよ」と言われるようになって、自分も走る流れになっていることに気づいた。

 そして、後に伝説になるかもしれないその日を迎えた。

2020/2/23

天気(5月27日)

  • 25℃
  • 19℃
  • 40%

  • 24℃
  • 16℃
  • 40%

  • 26℃
  • 19℃
  • 40%

  • 26℃
  • 17℃
  • 40%

お知らせ