生きるのヘタ会?×神戸新聞

「生きヘタ?」ニュース

■生きるのヘタ会?って

  • 印刷
記事
拡大
宝塚市立中央図書館で開かれている「生きるのヘタ会?」の看板=宝塚市清荒神
記事
拡大
子どものころから感じてきた「生きづらさ」や当事者研究について語る細川貂々さん=宝塚市栄町(撮影・中西幸大)
記事
拡大
「生きるのヘタ会?」で進行役を務める細川貂々さん=宝塚市立中央図書館
記事
拡大
輪になって語り合う「生きるのヘタ会?」の会場=宝塚市立中央図書館(撮影・藤家 武)

「生きるのヘタ会? てんてん×神戸新聞」は、子どものころからネガティブ思考が強く、ずっと生きづらさを感じてきた漫画家、細川貂々(てんてん)さん(宝塚在住)と、神戸新聞のコラボで生まれました。

てんてんさんは2019年秋から、宝塚市立中央図書館で当事者研究の会「生きるのヘタ会?」を開いています。

そもそも当事者研究って何でしょう?

当事者とは、困りごとを抱えている「わたし」。てんてんさんいわく、弱さや苦労を誰かと語り合うことで、自分自身を研究する(考える)=生きづらさとうまく付き合えるようになるかも?というものだそうです。

宝塚での集まりでは、進行役のてんてんさんを囲み、参加した人それぞれが「しんどいです…」「生きるのヘタかも」と打ち明けています。

「職場の人間関係がつらい」とか、「子育てがうまくいかない」とか。

ほかの人はそれを聞いて、「私も」「自分の場合は…」などと返します。

相手の考えを否定したり、強いアドバイスをしたりはしません。

まずは、この場で話してくれた人に「ありがとう」な雰囲気です。

そんな、なんだかあったかい空気の中で、会が進み、それぞれに「気づき」があったりします。

宝塚の集まりを取材した神戸新聞の記者は思いました。

「インターネットや紙面で、この世界を、もっと多くの人と共有できないかなぁ?」

だって、最近、ピリピリ、ギスギス、生きづらいです。

コロナ禍でますます。

 てんてんさんに持ちかけ、ネットや紙面を舞台にした「神戸新聞版 当事者研究の会」に取り組むことにしました。

皆さんから「生きヘタ」の投稿を募り、随時、掲載していきます。

てんてんさんからは毎月1回、イラストエッセーが届きます。

「ネガティブ思考クイーン」だったというてんてんさんのロングインタビューや、宝塚の「生きるのヘタ会?」のリポートなども紹介していきます。

のんびり、ほわほわ、続けていきましょう。

天気(6月15日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 29℃
  • ---℃
  • 40%

  • 29℃
  • ---℃
  • 40%

  • 30℃
  • ---℃
  • 40%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ