生きるのヘタ会?×神戸新聞

「生きヘタ?」ニュース

■「生きるのヘタ会」12月19日開催 宝塚市立図書館

  • 印刷
記事
拡大
耳を傾ける細川貂々さん=宝塚市立中央図書館

 漫画家・細川貂々さんによる当事者研究の会「生きるのヘタ会?」が12月19日、兵庫県宝塚市立中央図書館(同市清荒神1)の2階集会室で開かれます。定員は20人。事前申し込みは不要です。

 「生きるのヘタ会?」は2019年秋にスタートしました。月1回開催で、コロナ禍の休みを経て、12月で10回目となります。

 細川さんが進行役を務め、参加者は円になって座ります。ニックネームで名乗り、自分の弱さや苦労を語り合います。

 「いつ出ていってもいいし、また入ってきても、黙っていても構いません」と細川さん。「リラックスしてお過ごしください」

 午後2時半から同3時半まで。参加無料。対象は「どなたでも」。当日はマスク着用。市立中央図書館は阪急清荒神駅南口すぐ。TEL0797・84・6121

天気(6月16日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ