連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

わかる!ナットク

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
春闘に合わせ、労働者と経営者が意見交換した懇談会=神戸市中央区波止場町
拡大
春闘に合わせ、労働者と経営者が意見交換した懇談会=神戸市中央区波止場町

 この時期になると耳にする「春闘」。よく「ベア」や「定昇」と一緒に報道されるけれど、具体的にはどんな動きや意味があるのだろう。「働き方改革」への関心も高まっている今、春闘の歴史をひもときながら、その役割を考えてみよう。(末永陽子)

 -春闘って何?

 「働く人たちでつくる労働組合(労組)が、毎年春に一斉に、賃金や労働条件の改善を求め会社と交渉することだよ。『春季闘争』や『春季労使交渉』などを略した言葉なんだ」

 -どんな流れ?

 「大手ではだいたい労組が2月中旬に要求を提出し、経営側は3月中旬に回答を出す。そこで、新年度の賃金や労働条件を決め、その後、中小企業が大手の結果を参考に春闘をスタート。労組のない職場でも、それに準じる形で賃金が決まるところが多い」

 「労使間で話し合うのは、ベアや定昇など。ベアはベースアップの略で、賃金(基本給)を上げること。ベアは従業員の賃金を一律に引き上げるのに対し、定昇は定期昇給の略で、個人の年齢や勤続年数などに応じて上がる。労働時間の短縮や休暇制度の拡充など働く環境を経営者側と労働者で協議するんだ。業種や産業が違っても大手から始まり、だいたい同じ時期に交渉することで、相場や流れが定着し、中小の労働者にも恩恵が出てくる」

 -起源は?

 「厚生労働省によると、現在の春闘方式は1956(昭和31)年に始まったとされている。前年の55年3月、当時の主要産業だった私鉄や石炭、金属などの8労組が一緒になって交渉し、翌年には公務員の労組も参加した官民統一の合同闘争本部が設置されたらしい。当時、欧米では産業別の強い労組があったけど、日本では企業や団体ごとに労組があり、結集が弱かった。同時期にまとまって行動することで、より強い交渉力を得たんだ」

 -成果は?

 「春闘が大きく発展したのは高度経済成長期。58年から始まった『岩戸景気』や65年からの『いざなぎ景気』などの好景気を追い風に全国に広まり、国がまとめた民間主要企業の推移を見ると、74年には32・9%という大幅賃上げになった。しかし、90年代後半に賃上げ率は徐々に低下。2桁賃上げは75年で終わり、バブル崩壊後は5%以下に落ちた。近年は1~2%台が続いている」

 -組合の力が弱まったってこと?

 「景気の先行きが不透明な中、いったん賃金を上げると、なかなか下げることができないから、経営者は応じられないと言っている。ここ数年は要求段階からベアを諦める労組も出ているね。利益をベアでなく、夏や冬のボーナス(一時金)で還元するという企業も。リーマン・ショック以降、雇用の維持が優先され、労組としても賃上げが要求しにくくなったといえるだろうね」

 「労組の組織力低下も否めない。組合員は減少傾向。厚生労働省によると、ピークの94年に1269万人だった組合員は2017年には998万人に落ち込み、推定組織率もかつてほど高くはない」

 -最近聞く「官製春闘」って何?

 「政府が経済界に賃金の引き上げを促すこと。デフレ脱却には賃上げが必要と考えた安倍政権が要請し、14年に始まった。18年春闘でも、3%の賃上げ率(定期昇給やベースアップなどの合計)を提言。ベアに踏み切るところもある一方、業績回復が遅れる中小企業には広がっていない。労使が主体的に決める場に国が介入することに対し、批判もあるよ」

 -春闘も変わりつつあるんだね

 「労使が対等に交渉を行える唯一の場であることに変わりはない。近年は、賃上げ交渉だけでなく、長時間労働の抑制や、ワーク・ライフ・バランス、働きやすい環境づくりにも重点が置かれるようになってきた。ただ、働き方改革が進み、時間外労働が減れば、残業代などを含む所得も目減りしてしまう。その中でどう賃上げを実現するか、企業や労組の動きに注目しよう」

2018/2/24

天気(10月23日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ