親子で取り組むジジトレ
▼メニューひらく
 

マイナス金利導入から1年

カテゴリー:
経済

 日本銀行がマイナス金利政策を導入してから2月16日で1年が過ぎました。

 マイナス金利政策によって、物価の上昇(インフレーション)と好景気の到来が期待されました。資金を借りやすくなった人々による節税や投資の一環としての賃貸住宅の建設が相次いでおり、一部でバブルともいわれています。また、日銀はマイナス金利政策や異次元の金融緩和によって物価上昇率2%の実現を目標にしていましたが、物価はほとんど横ばい状態が続いています。

まずは話題のニュース記事を読んでみよう!

マイナス金利、重い副作用 導入決定1年 日銀 (2017年1月に神戸新聞に掲載された記事)

 日銀がマイナス金利政策を決定してから29日で1年となる。金利低下で個人や企業がお金を借りやすくなった一方、民間銀行の収益圧迫や保険各社の運用難といった副作用も生じたため、金融関係者の間では「効果は限定的」という見方が多い。

 マイナス金利は金融機関が日銀に預ける当座預金の一部に手数料を課すことで金利全般を引き下げる政策だ。導入を決定した昨年1月は中国経済の減速で金融市場が不安定になっていた。一段の金利引き下げで景気の先行き不安を和らげることが狙いだった。

 0・1%のマイナス金利を導入した昨年2月以降、長期金利の指標となる新発10年債の利回りは0%を割り込んで低下し、住宅ローンや企業向け融資の金利も下がった。日銀はこうした緩和効果で「海外からの逆風に耐えることができた」(幹部)と強調する。

 これに対し、民間側は懐疑的だ。銀行業界では金利はもともと歴史的な低水準だったため、企業の借り入れ意欲は高まっていないとして「実体経済へのプラス影響はまだそう多くは現れていない」(全国銀行協会会長の国部毅三井住友銀行頭取)との声が支配的だ。

 一方、金利全般が大幅に低下したことで資金運用が難しくなった。契約者から預かった保険料を運用する生命保険各社は国債への投資縮小に追い込まれた。日本生命保険の筒井義信社長は「現状では目線に合わない」と話す。

 こうした副作用を看過できなくなった日銀は昨年9月、長期金利が下がりすぎないよう政策の枠組みを転換。マイナス金利を維持しつつ、長期金利を0%程度に誘導する目標を導入した。

5問クイズに挑戦!

マイナス金利という異例の政策の導入に伴い、起きなかった現象は。

物価が大幅に上がった

近年、マイナス金利を導入したことがない国は。

アメリカ

日本銀行に納入されるお札は、年間で約何枚か。

30億枚

ジンバブエではかつて、インフレに伴う超高額紙幣が発行されていた。その額面は。

100000000000000ジンバブエドル

日本銀行総裁の2015年度の年収は。

約3500万円

採点する!!

採点結果

得点

-/100

問題・回答をシェア
問題・回答をツイート
クリアしてやりなおす

どれくらいできたかな?
解説を読んでポイントをおさらいしよう!

解説! 浜学園の先生がレクチャー

学習のポイント

マイナス金利導入から1年

 日本銀行(日銀)がマイナス金利政策を導入してから2月16日で1年になります。マイナス金利政策によって、民間の銀行が日銀にお金を預けていると、その一部については手数料がとられることになるため、民間の銀行は日本銀行にお金を預けずに企業への融資などに回そうとします。次に、融資を得た企業は投資と事業を活発に行うことで利益を上げ、その利益は従業員に還元されます。マイナス金利はこのような流れを生み、人々がより多くのお金を得ることで、物価の上昇(インフレーション)と好景気の到来が期待されました。

 マイナス金利の恩恵を受け、住宅ローン金利は過去最低水準になりました。一方で、昨年1年に全国で着工された住宅のうち、賃貸住宅を表す「貸家」は、41万8543戸に上り、1年前より10.5%も増加しています。資金を借りやすくなった人々による節税や投資の一環としての賃貸住宅の建設が相次いでおり、一部でバブルともいわれています。また、日銀はマイナス金利政策や異次元の金融緩和によって物価上昇率2%の実現を目標にしていましたが、物価はほとんど横ばい状態が続いています。

 マイナス金利導入から1年がたった今、日銀の金融政策に対する限界論が注目を集めています。特に、現在の政策の理論的な柱とされる浜田宏一内閣官房参与が、金利がほぼゼロの状態で大規模な金融緩和を実施してもデフレを止めることは難しいと分かったとして、財政支出の拡大がデフレ脱却につながると従来の主張を転換しました。

 イギリスのEU離脱やトランプ政権の誕生といった様々なニュースに反応して国債や住宅ローン金利は変動するので、日銀の政策だけですべてが決まるわけではありません。引き続き、日銀の政策をはじめ様々なニュースに注目し、金利や景気がどのように動くか考えてみましょう。

最後にこれだけは覚えておこう!

重要語句

  • 日本銀行・・ 国の中央銀行である日銀は民間の銀行とは大きく異なり、紙幣を発行する「発券銀行」、民間銀行にお金の貸し借りを行う「銀行の銀行」、税金や国債の管理を行う「政府の銀行」という3つの役割があります。

    インフレーションとデフレーション・・ おもに好景気の時に発生し、物価が継続的に上昇している状態をインフレーション(インフレ)という。逆に、不景気の時に発生し、物価が継続的に下落している状態をデフレーション(デフレ)という。なお、不景気にもかかわらず、物価が継続的に上昇している状態をスタグフレーションという。インフレの状態では「物価の上昇→企業の売り上げ増加→従業員の賃金上昇→消費増大→企業の売り上げ増加」という好循環が起きやすい。

メニュー