動画一覧

最新動画
  • 印刷

 地震を「思い出す」のではなく、「その日に行って戻ってくる」という物語にすると、つらい記憶とも向き合いやすくなるという。神戸市のまんが家、石本悠馬さん(33)が、昨年9月に発生したメキシコ地震の被災地で、子供たちが描いた震災の絵をアニメーション作品に編集した。不思議な扉をくぐり、ヒーローになった子どもたちが、地震発生の日に行くというストーリーだ。

最新動画