動画一覧

最新動画
  • 印刷

 7月31日、火星が地球に大接近する。7月に入って明るさが増し、現在はマイナス2・8等級程度。約1カ月間は一晩中、赤く輝く火星を見ることができる。兵庫県にある明石市立天文科学館の井上毅館長はこのほど、姫路市内の上空から反射望遠鏡で動画撮影し、模様や白っぽい極冠をとらえた。

最新動画