動画一覧

阪神駅前情話
  • 印刷

 午前9時50分、兵庫県の阪急園田駅の北側ロータリーに行列ができる。目当ては、園田競馬場行きの無料シャトルバス。競馬新聞を手に常連客、若いカップル…、いろんな人を乗せて出発する。1930年、淡路競馬場を前身として開設。当時、周りは田んぼだらけで、場内は馬場だけだった。馬は農家の納屋に預けられ、馬が逃げ出すことも日常茶飯事。大阪(伊丹)空港の滑走路を走る馬や、踏切を跳び越える馬もいたらしい。最盛期の80年代には1日1万人以上を集めたもののファンの高齢化で入場客が減少。存続が危ぶまれたが、4年前から関西初のナイターを導入し、復活の兆しを見せる。

阪神駅前情話