動画一覧

ニュース
  • 印刷

 大規模地震による液状化対策として開発された道路橋台の耐震補強技術を検証する実験が15日、三木市志染町の実大三次元震動破壊実験施設(E-ディフェンス)であった。液状化を想定していない設計の橋台と比較し、くい基礎の両側面に鋼管による補強を施した橋台の耐震性が優れていることを実証した。

ニュース