動画一覧

ニュース
  • 印刷

 標高795メートルにある神戸市立六甲山小学校(同市灘区六甲山町)で23日午前、石造りのまきストーブに児童がおこした火をともす恒例の「火入れ式」があった。式は毎年、朝霜が降りる頃を意味する二十四節気の「霜降」に合わせて行われる。同校では朝の気温が10度以下になると、玄関のストーブに点火するという。

ニュース