動画一覧

旬香集島
  • 印刷

川のせせらぎだけが響く静かな山道を行くと、常緑樹の森の中に突然、赤や黄に色付いた紅葉のトンネルが広がる。川に架かる橋の向こうには、古めかしいお堂が寂しげにたたずむ。中をのぞくと、本尊が祭られるはずの正面に、むき出しになった巨大な岩が”鎮座”し、こちらをにらみつけている。

 弘法大師が刻んだとされる「南無阿弥陀仏」の名号から名号石(みょうごいし)の名が付いた。後世、雨風から岩を守るように「大師庵」が建てられ、大師の偉業を今に伝える。

 洲本市街地からほど近い陀仏川の上流に位置し、気軽に楽しめる紅葉の名所として市民から愛されている。

旬香集島