動画一覧

朝録
  • 印刷

航跡に絡みつくように、数え切れないほどの翼が春の光を浴びて輝く淡路市沖東の上空約150メートル。眼下は、イカナゴのシンコ(稚魚)漁真っ盛りで、あまたの漁船が海を覆い尽くす。2隻が一組になって、ゆっくりと網を引いていく。

一日の漁の時間は日の出から午前10時まで。釣り上げたシンコを載せた「手船」と呼ばれる運搬船が猛スピードで漁港を目指す。海上のあちこちで描かれる航跡が波濤を立てるたびに、漁師らの熱気が伝わってくる。


天気(1月25日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ


朝録

(25)エドヒガンの森 川西市

2015/4/8 19:03 (25)エドヒガンの森 川西市

朝日を受け、薄紅の花が青空に映える。桜の野生種エドヒガン260本の大群落が、兵庫県川西市水明台1の猪名川沿い約7㌶に広がる。ここは数年前まで、常緑樹やササに覆われた暗い森だった。光を求めるエドヒガンは背を伸ばし、顔を出せた所で辛うじて花を咲かせていた。この窮地を救ったのが、地元住民でつくる「渓(たに)のサクラを守る会」だった。2008年から間伐に励み、遊歩道を整備した。

動画リスト