動画一覧

朝録
  • 印刷

シラサギは、その飛翔美から古来、日本人の心をとらえてきた。

秋の兵庫県・揖保川下流域は、繁殖期を終えた多くのサギが飛来し、いっそう白が際立つ。早朝、水鳥の群れでにぎわう水辺に、日の出直後の一筋の光が差し込む。ほのかな朱色に染まる水面と純白の輝きが、清流の朝を告げる。

(BGMは甘茶の音楽工房から)


天気(9月27日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 23℃
  • 19℃
  • 60%

  • 26℃
  • 21℃
  • 10%

  • 26℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ


朝録

(25)エドヒガンの森 川西市

2015/4/8 19:03 (25)エドヒガンの森 川西市

朝日を受け、薄紅の花が青空に映える。桜の野生種エドヒガン260本の大群落が、兵庫県川西市水明台1の猪名川沿い約7㌶に広がる。ここは数年前まで、常緑樹やササに覆われた暗い森だった。光を求めるエドヒガンは背を伸ばし、顔を出せた所で辛うじて花を咲かせていた。この窮地を救ったのが、地元住民でつくる「渓(たに)のサクラを守る会」だった。2008年から間伐に励み、遊歩道を整備した。

動画リスト