動画一覧

作ってみよう防災グッズ
  • 印刷

 紙の食器は何種類もある。明石市防災センター(兵庫県明石市藤江)の職員が「口が広く、深さもあり、幅広い用途で使える」と薦める器を紹介する。

 縦と横に半分に折った紙に三角の折り目を付け、折り目に沿って表裏とも折る。五角形になった四角い部分を両側とも内側に折り、上に向かって折り返していく。所要時間は2~3分。

 折りたたんでおくと場所を取らず、日常でも殻入れなどとしてチラシで作る人も多い器だ。「普段の生活の中にも取り入れ、いざというときにすぐ作れるようにしてもらえたら」と同センター職員。(金山成美)

 市防災センターでは、8日まで展示「身近な物で防災グッズを作ってみよう」を開催中。実際に作る体験もできる。午前9時半~午後5時、月曜休館。同センターTEL078・918・5910


天気(8月8日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 30%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ


作ってみよう防災グッズ

作ってみよう防災グッズ(5)簡易オムツ

2016/5/7 05:30

 赤ちゃんのオムツがなくなったというときは、タオルとビニール袋で代用しよう。  ビニール袋は、持ち手を含め、両側のサイド部分の真ん中を縦に切る。ビニール袋を広げ、細長く折ったタオルを横に、広めに折りたたんだタオルを縦に置く。赤ちゃんを寝かせてタオルを当て、ビニールを上から巻いていき、腰の位置でひものように結ぶと完成する。  「タオルは1枚でも可能ですが、2枚あると横漏れも防げますよ」と兵庫県の明石市防災センター(同市藤江)の職員。要領は布オムツと同じなので、数分で取り換えられる。(金山成美) =おわり=       ◇     市防災センターでは、8日まで展示「身近な物で防災グッズを作ってみよう」を開催中。実際に作る体験もできる。午前9時半~午後5時、月曜休館。同センターTEL078・918・5910

動画リスト