スパコン

飲食店隣席は飛沫リスク大 新型コロナ、スパコン富岳が予測

2020/10/13 20:12

 理化学研究所(理研)などは13日、神戸・ポートアイランドのスーパーコンピューター「富岳」を使い、飲食店での会話や、大人数での合唱で飛沫がどのように飛散するかのシミュレーション(予測)をした研究結果を発表した。新型コロナウイルスに感染した人がいた場合、位置や人数、湿度などで変わる感染リスクを示した。飲食店では、隣席の人が最も飛沫を浴び、空気が乾燥するとエーロゾル(微粒子)化が進むことなどを明らかにした。

動画リスト

  • 最新動画
  • KOBE_TV(神戸TV)
  • ニュース
  • あまゆーずとあそぼう
  • 動物
  • 乗り物
  • スパコン
  • 山口組分裂騒動
  • イロドリ
  • ドキュメン撮る
  • ソラノメ
  • フォトノオト
  • 震災の記憶を求めて
  • 阪神大水害を記録
  • 天晴れ姫路城~その魅力を語る
  • 新五国風土記
  • 新五国風土記(朗読動画)
  • 音モノ語り
  • A面ひょうご
  • 朝録
  • 阪神駅前情話
  • 旬香集島
  • 作ってみよう防災グッズ
  • 芦屋・西宮ウイーク
  • おもろい新聞プロジェクト
  • PR

天気(11月25日)

  • 17℃
  • 10℃
  • 0%

  • 18℃
  • 5℃
  • 20%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 19℃
  • 6℃
  • 0%

お知らせ