連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
遺棄現場となった山梨県内の物置小屋。手前には規制線が張られていた(撮影・小川泰平)
拡大
遺棄現場となった山梨県内の物置小屋。手前には規制線が張られていた(撮影・小川泰平)

 東京都墨田区の高校3年、鷲野花夏(かな)さん(18)が今月28日に都内の自宅を出たまま行方不明となり、31日未明に山梨県内で遺体となって発見され、死体遺棄容疑で群馬県渋川市の小森章平容疑者(27)と妻和美容疑者(28)=いずれも職業不詳=が逮捕されたことを受け、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は同日、山梨県の遺棄現場を取材し、当サイトに対して事件の背景を解説した。

 鷲野さんは28日午後3時半頃に「友人に会いに行く。5時半頃に帰る」と家族に伝えて自宅を出たが、同6時半になっても連絡がないため母親が警察に通報。墨田区内の駐車場で鷲野さんが車に乗り込む姿が防犯カメラで確認され、映っていた車のナンバーから小森夫婦が浮上した。車は長野県内で発見され、夫婦は警察の事情聴取に対して「山梨県で小屋の中に遺体を置いた」と説明し、現場の捜査で遺体が発見されたたため逮捕となった。

 捜査関係者によると、章平容疑者が「約2年前に女子高生とツイッターで知り合い、関係を妻に嫉妬された」と供述していることも判明。捜査本部は殺人容疑も視野に入れ、事件との関連を捜査している。

 小川氏は「私が一番注目するところは、『友人と合ってくるから』と午後3時半に自宅を出て、3時間後の午後6時半に『連絡が取れなくなった』と母親が110番したこと。高校生とはいえ、18歳の女性が、この時間帯で連絡が取れないからと警察に通報するとは通常では考えづらい。つまり、母親は何か危険を感じる情報を事前に得ていた可能性がある」と指摘した。

 さらに、同氏は「警察がすぐ動いたということは、花夏さんがツイッターで知りあった男性と、その妻を交えて話し合わなければならないような事情があったということを母親に伝え、母親も娘がツイッターで2年前に知りあった人とトラブルになっているなどと、警察に相談していた可能性も考えられる」と補足した。

 小川氏は遺棄現場について「山梨県早川町の物置小屋の周囲は街灯もなく夜は真っ暗で、廃屋となっている小屋の室内は電気もつかない。地元の人に聞くと、ここに来るのは渓流釣りか登山をする人くらいで、それ以外の目的で来ないんじゃないかということでした。真っ暗な中、たまたま見つけたというより、ある程度、小屋の存在を知っており、また、小屋は日頃、施錠されていなかったのに南京錠がかけられていたことから、遺体の発見を遅らせるために、容疑者が南京錠を準備して持ってきた可能性がある」と推測した。

 被害者には首をロープのようなもので絞められた跡と、背中に4カ所の刺し傷があったことについて、小川氏は「容疑者2人のうち、1人が先に首を絞めようとしたが、抵抗されたため、背後から凶器を用いて刺したのではないかと推測されます」と分析した。また、行方不明後の鷲野さん本人を名乗って「明日、帰宅する」という内容のメールが別人の携帯電話から家族宛に送られたという情報もあり、小川氏は「既に殺害した後で、すぐに届け出をさせずに発見を遅らせる意図があったと思われる」と推理した。

 謎の多い今回の事件について、小川氏は「章平容疑者と2年前から続くツイッターのやり取り以上の何かがあって、妻も交えて話し合わなければならない何らかの事情があり、夏休みの終わりに、トラブル解消のために接触を試みたが、このような結果になってしまったということでしょう」と総括した。

2021/8/31
 

天気(9月20日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

  • 31℃
  • 21℃
  • 10%

お知らせ