連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
やばこさんは自身がデザインしたキャラクター「ウーパールーパースーパーカー」の商標登録を申請しました(やばこさん提供)
拡大
やばこさんは自身がデザインしたキャラクター「ウーパールーパースーパーカー」の商標登録を申請しました(やばこさん提供)

キャラクタービジネスを展開する上での商標権の重要性がSNS上で注目を集めている。

きっかけになったのは人気イラストレーターのやばこさん(@yabako_5884)による「ククク…俺は罠カード『商標権』を発動するぜ」という投稿。やばこさんは今回、自身がデザインしたキャラクター「ウーパールーパースーパーカー」の商標登録を申請。発行された商標登録証の画像と共に、無事に特許庁の認定を受けたことを報告したのだ。

デザインした本人の許可も得ないままキャラクターをプリントした商品が堂々と店舗やWeb上で販売されるなど、第三者による商標の不正利用は以前から業界内で頭の痛い問題。やばこさんの投稿に対し、SNSユーザー達からは

「ちゃんと商標登録検索で絵も出てくるんですね可愛い!! おめでとうございます!!」

「とるの大変なのに本当にすごい あとウーパールーパースーパーカーがべらぼうにかわいい」

「ウーパールーパースーパーカーいいな~まだこれがあったか!的な驚きがある。こういうアイデアは保護されてしかるべきだわ」

など数々のコメントが寄せられている。

やばこさんにお話をうかがってみた。

中将タカノリ(以下「中将」):今回、商標権を取得されようと思われたきっかけをお聞かせください。

やばこ:昨年辺りから話題に上げさせて頂いてまして、その際のフォロワーさんからの提案が一番のきっかけですね。「模造品が出回る前に手を打っては?」との事だったんですが、まさか本当に出回るほど人気を頂けるとは…その時は思いもよりませんでした。

中将:商標権を取得するまでのお手間はいかがでしたか?

やばこ:「すまるか」さんという出願代行サービスを利用しました。スマホからチャット形式で相談出来て、商標の調査から出願まで特に労せず済ませられたので、手間といえば出願する覚悟を決めた事くらいですね。かなり優柔不断な方なので。

中将:そんなにお手軽にできてしまうんですね!商標権を取得されたことによる変化や、ご感慨をお聞かせください

やばこ:やはり、自分の創作物が法的に認められる安心感は大きいですね。法律上の効力に留まらず、創作活動を続ける上での自信にも繋がりました。あと、お堅い証明書類に自分の絵が刷られているのはかなりシュールに感じますね。

中将:たしかにインパクトがありました(笑)。これまでのSNSの反響へのご感想をお聞かせください。

やばこ:自分は本当に周りの人に恵まれているな、と思うばかりです。自分の表現や作品を好きでいてくれる方々がいて、その方が私の見えない所でも誰かに共有して、薦めてくださっている…その事実に改めて気付かされるので、反響がある度に感謝で心がいっぱいになります。ありがとうございます。

   ◇   ◇

日本では商標権、著作権などクリエイターの権利を守るための制度が整備されている。その価値や内容を把握し、悪意ある第三者からの侵害に立ち向かうこともクリエイターにとって重要な仕事の一つと言えるだろう。

(まいどなニュース特約・中将 タカノリ)

2021/10/11
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • 13℃
  • 20%

  • 16℃
  • 12℃
  • 90%

  • 20℃
  • 14℃
  • 20%

  • 18℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ